こんな時どうすれば特集。自分でできること、、、 私たちができること。
毎日使う水回り。その仕組みを知れば、状態の悪化を防いだり、
日頃のメンテナンスをすることが可能です。まずは慌てずに確認してみましょう。

———–
[漏水場所が判っている場合]

水道メーターボックスの中に止水栓があります。メーターボックスは普通屋外にあります。
メータボックス内の止水栓を右に廻してみて下さい。水が止まったら一段落。
後は専門業者にお任せ下さい。

[漏水場所が不明の場合]
宅内の蛇口を全て閉めて、止水栓を全部絞めます。
それでも水道メーターが廻っているかを確認してみて下さい。
詳しくは、漏水探知機にて調査いたします。

注意点:メーターボックスを含む道路側は市の管理なのですが、
宅地側の給水装置はお客様の所有となります。
少しでも漏水された水は水道料金の中に加算されてしまいます。
日頃から水道メーターを確認し、漏水対策を心がけましょう。
マンションやアポートなどのメーターボックスは玄関脇、
もしくは一階廊下に設置されている事が多いのでご確認下さい